GofieldとWeb技術の変遷

SNS、ブログ、Web2.0、、普段なにげなく話されている「技術」をお客様に提供する立場として、これまでに様々なWeb技術の変遷を目の当たりにしてきました。
今ではあまり聞かれなくなりましたが、会社設立当初の2000年ごろはインターネット・サービス成功のキーワードとして、3C(コンテンツ、コマース、コミュニティ)が注目されており、弊社もそれらの確立とノウハウ蓄積を目標に自社サービスの構築に着手しました。

まずはコンテンツサイトとして、会社のフラッグシップサイトとも言える、アウトドアフィールド情報サイトGofield.comの立ち上げ。社外からフィールドライターを有償で募集するなど、コンテンツの質と量の向上、サイト運営ノウハウの蓄積に注力してまいりました。
(デザイン、コンテンツを一新し、近日中にリニューアル予定となっております。ご期待ください。)

次にコマースサイトとして、アウトドア用品通販のOutdoor-Marketをオープンさせました。サイト構築だけではなく商品の受発注、マーケティング、プロモーションにいたるまでトータルな運用方法のノウハウだめを行い、これらの実践経験を元に、自社では対応しきれないというお客様の販売代行も多数承っております。

最後にコミュニティですが、当時のコミュニティと言えばまだ掲示板によるユーザー交流が主流であり、匿名性が高いゆえに発言の信用度が低く、当事者による宣伝目的や、荒らしによる誹謗中傷などが混在してしまう点が問題視されていました。

そういった経緯もありコミュニティだけは長く検討段階だったのですが、いわゆるWeb2.0の代表格であるブログ、SNSの台頭により簡易に構築することができました。

アウトドアの達人ブログ
アウトドアコミュニティGofield Patio

ブログはこれまでの「個人ホームページ」に変わり個人が特別な知識や技術がなくても簡易に情報発信を行うことができ、またブログならではの特性であるトラックバックやRSS機能を用いて横のつながりも深めることが可能になりました。
弊社ではこの機能を個人の情報発信ツールとしての提案だけではなく、企業様、学校様のサイトにもCMS(コンテンツマネジメントシステム)として取り入れ、よりスピーディーな情報発信を展開することを可能にております。

Gofield Patio(SNS)は試験運用を含めて半年で500会員を超え、現在も拡大中です。SNSは実社会における信頼関係がベースになっているため、匿名性が低く、掲示板で言われていた問題点の大部分が解消されました。

Web 2.0時代の重要な教訓のひとつは「ユーザーが価値を付加する」ということですが、単純に会員同士のバーチャルなコミュニティだけではなく、マーケティング、ブランド構築、リアルなイベントへの誘導などの効果も発揮し始めています。
その他、コンテンツ、コマースとの連携および活性化を図るため、日々仮説、実践、検証を繰り返しています。

弊社ではこのように新しいWeb技術をまずは自社サービスを実験の場として運用してきました。そして、お客様のビジネスにマッチするものを嗅ぎ分け、さらに事業目的達成のためのツールとなりうるまで十分にノウハウを蓄積し、実用に耐えうるものをご提案しております。また、構築だけではなくその後の運用に重点を置き、お客様のトレーニング、代行もご要望があれば承ります。

Web技術はどんどん進歩を重ね、今後もさまざまなサービスや仕組みが生み出されると思いますが、我々にとって一番大事なことは「お客様の目的」を達成させるために何ができるかということを考え続けることです。

それが、メルマガ配信や掲示板作成であったとしても、本当にお役に立てるものであるのなら、喜んで承ります。


ホームページ制作、更新代行、コンサルティングは香川県の株式会社ゴーフィールド


関連記事