継続したコンテンツづくりでリクルート活動にも付加価値を

GOFIELDでは制作事例としてプロジェクトに対する想いをホームページを通して紹介しています。
ときに、それらの情報は職場の雰囲気や働くイメージを伝えることに役立つことも。  
営業部の山下はGOFIELDのホームページがきっかけで2018年11月に入社しました。


GOFIELDの山下

GOFIELDの山下(奥)


前職は東京にある看護師採用のコンサルティング会社に勤務。看護師求人サイトの運用や、病院へのパンフレット制作の提案を行っていました。

出身地の香川県にUターンすることを決意し、転職先を探し始めました。
前職と同じような仕事がしたい、その中でもホームページの分野が自分には合っていると考えていた山下。大手人材サービスで香川県の企業を紹介してもらいましたが、希望に合う企業は見つかりませんでした。
そこで、インターネットで「高松_ホームページ制作」をキーワードに検索。GOFIELDのホームページに辿り着いたそうです。


ホームページでウェブ制作会社を検索

決め手となったのは「自分が考えていたような仕事ができそう」と感じたこと。
病院サイトのプロジェクトを紹介した記事では、毎年全部門の看護師の撮影を行いホームページを更新していることや、お客様とGOFIELDの担当者が和やかに話している写真が掲載されていました。
ホームページ公開後もお客様をサポートしながら、新しいことを提案したいという自分の理想に重なったのです。


香川県済生会病院様の制作実績ページ

香川県済生会病院様の制作実績ページ

山下はすぐにメールで問い合せをしました。嬉しいことに、複数社へのアプローチではなく、GOFIELDに絞っていたそう。
「ホームページにメンバーの顔写真が掲載されていたことで、どんな人が働いているかが見えて安心感があった」とも語ってくれました。

社内でもちょうど営業部メンバーの求人を始めていた時期で、求める人材とも一致していると判断し、採用に至りました。


GOFELDのメンバーの顔写真

入社後は、医療関係のホームページをはじめ新規分野のプロジェクトにも携わっており、はやくもGOFIELDには無くてはならない一員として活躍しています。
問い合わせのきっかけとなった香川県済生会病院様の撮影も担当しています。
「お客様の要望を丁寧に実現しながら、これまでのノウハウを活かした提案をしていきたい」と意欲的。


サイト制作の取材の様子

サイト制作の取材の様子


香川県へのUターンにより生活面も変化。以前は自宅の神奈川県から東京のオフィスまで片道1時間半をかけて通勤していたそう。現在は自宅から会社まで車で15~20分ほど。家族との時間も増えたようです。

「公開した後が本当のスタートです」
いつもお客様に伝えている言葉ですが、私たちも改めて実感。お客様紹介が目的で始めた記事がきっかけとなり、大切なメンバーと出会うことが出来ました。
地道に記事を書き続けることには困難も伴います。しかし今回のように思いもよらない価値を引き寄せると継続する力につながります。


GOFIELDの営業部

GOFIELDの営業部