新型コロナ感染拡大による休校を受け、子連れ出勤やテレワークのノウハウ提供を行います

2020年2月27日(木)、安倍総理大臣は学校での感染リスクに備えるため、全国すべての小中学校、高校、特別支援学校について、3月2日(月)から春休みに入るまで、臨時休校とするよう要請する考えを示しました。
それを受けてGOFIELDではメンバーに対する子連れ出勤とテレワーク勤務の推奨を開始。企業に対するノウハウ提供も行います。

GOFIELDが本社を置く高松市内の小・中・高等学校では、高松市教育委員会からの連絡により2020年3月3日(火)から2020年3月24日(火)まで臨時休業となることが決定しました。

政府の突然の決定に、これまでテレワーク勤務や子連れ出勤の実施をしたことがない企業は対応に苦慮をしているのではないでしょうか。
GOFIELDではお客様に対して、働き方改革を進める中で導入した、テレワーク勤務および子連れ出勤のための環境整備についてのノウハウの提供を無償で行います。



  • テレワーク勤務に必要な設備
  • テレワーク規定の作り方
  • テレワーク導入に便利なデジタルツールとクラウドサービス
    • ZOOM ウェブ上で会議ができるコミュニケーションツール
    • Trello ウェブ上でタスクを管理しチームで共有もできるツール
    • Slack ビジネスチャットアプリ
    • Box 企業向けファイル共有サービス

GOFIELDでも2月28日(金)から子連れ出勤とテレワーク勤務の積極的な活用をメンバーに呼びかけています。2018~2019年度に取り組んだ働き方改革により、お客様に迷惑をかけないような業務体制も整っていますのでご安心ください。

子どもを持つメンバーは「今日は連れていきたい日があったが、8:30から17:30までだと小さい子は飽きてしまう。パートナーもフルタイムで子連れ出勤やテレワークもできないので非常に助かる。早めに自宅に戻って自宅対応に切り替える事もできるので上手く活用したい。」と話しています。
ほぼ全員が自家用車で通勤しているため、子連れ出勤をした際の負担が増えたり、満員電車での感染が不安になるといったこともありません。

地方企業ならではのメリットを活かした対策をおすすめします。

関連リンク


関連記事