問い合わせやファン獲得につながるホームページの作り方

思わず問い合わせや購入をしたくなるようなホームページとはどんなページでしょうか。
いろいろ答えはあります。
たとえば、

(1) 情報が充実していること。
(2) 自分の疑問を解決してくれるようなホームページであること。
(3) きちんと更新されていて、情報が古くないこと。
(4) 商品を使ったときの自分の生活の変化や充実した時間をイメージできること。

中庭住宅株式会社様の「大切な家族と暮らす家」はまさに(4)に当たります。
ご家族の願いを叶えた暮らしを見れば、自分もこんな家で暮らしたいと夢を持ち、安心感を抱くでしょう。

そんなホームページの一つとして「大切な家族と暮らす家 08」の取材と制作のようすをご紹介します。

温かい家族の物語がテーマ

「大切な家族と暮らす家」は家とともにご家族が育まれた物語のページです。
今まで中庭住宅様で建てられた7家族の暮らしが紹介されています。
平屋の家、海の見える家、設計士とネコの家…どれも温かい物語を垣間見ることができます。



今回は完成してから1年半の吹き抜けが明るいリビングの家。
ご自身で制作されたリボンアクセサリーがお似合いの奥様が迎えてくださいました。

ご家族の聞き取りから物語をひもといていきます

「大切な家族と暮らす家」の取材では、撮影の前にまずご家族にお話しを伺います。
お気に入りの場所や間取りのこだわり、趣味のこと。
話しの中から光る言葉を拾い上げて、物語の軸を決めていきます。
そのあとは、いよいよ物語にあわせた写真撮影です。

物語に欠かせない、物語を表現できるカメラマン



いつも期待以上の写真で応えてくれるカメラマンの南川さん。
南川さんは中庭住宅様のホームページのリニューアルから手伝ってくれています。
人の自然な表情を引き出すのが得意。ゴーフィールドは信頼する南川さんと一緒に「大切な家族と暮らす家」をはじめ全てのページを作ってきました。


カメラマンの南川さんとゴーフィールドの宮井

ご家族が大好きな気持ちの良いリビング。
子どもたちが学校から帰ってくるといつも宿題をしていた畳の部屋を撮っていきます。


子どものエピソードにあわせてランドセルで演出

吹き抜けの2階廊下から1階を撮影

奥様が自宅で開催しているリボンワークのサロン(教室)も物語の大切な要素。
生徒さんたちが楽しそうにアクセサリーを作っている風景も撮らせてもらいました。
「皆さんちょっと顔が堅いですよ~。」
南川さんは和やかに声をかけながら、最適なポジションと構図をすばやく見極めシャッターを切っていきます。


取材は中庭住宅様との協同作業

そんな撮影のようすを温かく見守ってくれているのは中庭住宅のご担当者様。 中庭住宅様はご協力くださったご家族に撮影した写真データをプレゼントしています。 お客様への心配りを忘れず信頼関係を築いているからこそ生活の一部を見せてもらえるのです。


撮影した写真を確認する中庭住宅様

ページの積み重ねが問い合わせやファンにつながる

取材が終わればご家族の物語を言葉にしていきます。まるでその家で暮らしているような気持ちになって、一言一言紡いでいきます。
そうやって写真と言葉が合わさって「大切な家族と暮らす家」は完成します。

ライフスタイルが想像できるページを積み重ねていくことが、将来家を建てたいと思うファンを増やしていくことにつながっています。

帰り際に中庭住宅様から
「ゴーフィールドさんとの撮影を毎回楽しみにしているんですよ。」と温かいお言葉をかけていただきました。中庭住宅様の目標を達成することが一番の目的ではありますが、ご担当者様が喜んで一緒に取り組んでくださるのが一層うれしいですね。



今回撮影した南川さんの写真は、後日公開する「大切な家族と暮らす家 08」にてぜひご覧ください。

中庭住宅株式会社様「大切な家族と暮らす家」  
http://www.nakaniwainc.jp/for_you/important/